○もうすぐ公開の『デスノート Light up the NEW world』

原作・大場つぐみ氏、作画・小畑健氏による人気コミックを2006年に実写映画化した『DEATH NOTE』などシリーズ3作の続編。

29日から新作映画「DEATH NOTE Light up the NEW world」が、いよいよ封切られる。

○みんなも映画を楽しみにしている

デスノート超観たいんだけど!

デスノート見たすぎて禿げそう

デスノート公開まであと何日ってカウントダウンしているのだけれど、予告を見てからの妙なドキドキ感は何なんだろうw

○上映イベントに藤原竜也&松山ケンイチがサプライズ登場

都内にて行われた映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)イッキ見上映イベントにサプライズ登場。

前作に引き続き“月とL”としては、10年ぶりとなる2ショット実現に劇場は大きく沸いた。

○満員となった会場を沸かせた

藤原がデスノートを利用した大量殺人を犯したキラこと夜神月を演じ、松山がキラを追い詰める世界的名探偵Lに扮した2作は大ヒットを記録。

2人はこの日、客席後方から登場し、約500人の観客で満員となった会場を沸かせ、映画公開から10年が経過しても衰えない人気を見せつけた。

○松山は10年前を振り返り、本音を吐露

松山は10年前を振り返り、「月という存在がものすごかった。僕は新人で竜也さんは当時から百戦錬磨。僕が竜也さんと対峙できるのかということで悩んでいたし、プレッシャーもありました」と本音を吐露。

「10年経った今でも竜也さんに追いつきたいし、追いついた後に思いっきり対峙したい。今もそこを超えたいと思うし、目標にしている」と憧れを吐露。

「竜也さんの狂気じみたあの演技は今でも忘れられないですし、あれを超える演技をその後も見ていない。あのときも、今も僕の目標」と力強く言葉を続けた。

○藤原は自身のデスノート愛を語った

藤原は「僕らの俳優生活のなかで『DEATH NOTE』という作品は非常に大きくて、これがあったから今の自分があると言ってもいい。それくらい大きな作品」